「一回よろしく」 |屋台にて女の子とおばあさんと俺のちょっといい話

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 20:28:17.46

すげー考えて、俺なんかいいことしたことあったけ?
って悩んでたらあったわ、一つ。昭和祭って知ってる?
ショボい祭なんだけど、
屋根がある広場に屋台があんのよ
屋台っつっても小さいし三つくらいしかない
俺は毎年そこには行かなかったんだけど、中1の頃かな?
なぜだか射的が無性にやりたくなって、
250円持ってその広場へ向かった。
射的の屋台がもちろんそこにあったわけよ
屋台のおじさんに
「一回よろしく」
って言って銃を取ったその時に気付いたんだけど、
右隣に五歳くらいの女の子と白髪のおばあさんがいたのよ

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 20:34:14.07

泣けないが続き
これ俺の実話な

女の子が
「あのクマ欲しい~」
っておばあさんにだだこねていてね
クマっつっても空き缶くらい小さいんだけどw
おばあさんも仕方ないわね~って感じで、
250円出した女の子、おばあさんに抱っこされながら撃っていて、
そりゃハズレる訳よ一発、二発、三発、四発…残り、一発
女の子、泣いてた

「ちょっといいですか?」
ってw
もうびっくりよ俺が女の子から銃奪うなんてw
周りポカーンしててさぁ俺も、
自分何してんだろう?ってww

クマ狙って引き金ひいた
めちゃ腕伸ばしてさwあれは反則だよなw
クマに当たって落ちてさ

屋台のおっさん
「はい」
って俺にクマ渡してさぁ俺もクマ、女の子に
「はい」
って渡した女の子、
「ありがとう!!」
って。なんか恥ずかしくてw
おばあさんも
「こんなことしてもらって…」
ってw
「いやいやいや」
って俺も顔真っ赤にしてさぁww
女の子クマ抱えて、おばあさんと一緒に手繋いで帰っていったよ

俺は自分の銃で撃って、菓子一個しか落ちなかったw
そしたら屋台のおっさんが菓子二個俺に渡すのよ
「え……?」
「いやいやいや、あれ反則だかんね」
んじゃあ、なんで二個渡すんだよ、って笑ってごまかしたんけど、
俺ちょっと涙目なってたw
ダッシュで家に帰ったよ
まぁそんな感じの話
そういえば今年祭行ってねえなぁ
来年は射的しに行くかな今度は反則なしでww

 


 

 

アットビューティーキャット@Beauty cat


人気ブログランキング
美容・ダイエット・コスメの通販サイト【@Beauty/アットビューティー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。