予め持ってきた合格通知書をポケットから出してソイツに渡したら|人生の友達いい話

36 :癒されたい名無しさん:2007/03/08(木) 04:29:07 ID:czCfiJMQ

少し長いけど暇なら聞いてくれ。

今日、大学から合格通知来てさ…

もう偏差値は地につくようなトコなんだけど。

一浪した低脳のボンクラがギリギリで滑り込んだワケね。

嬉しさ半分、自分のふがいなさと情けなさで微妙な気持ちだった。

400万払ってまで行くのかとか考えてたら、ふと呼び出し音鳴って友人のとこへ。

で、ソイツに会うなりソイツが、
「どうだった?」
て危機迫る感じで訊いてきた。
おれはソイツとは長い付き合いで、受験のこととかも話してたから、その話題が来ることはわかってた。

予め持ってきた合格通知書をポケットから出してソイツに渡したら、ソイツ目ぇひんむいて喜んでさ。
「やったな」とかベタな言葉で褒めてくんの。

なんかおれ恥ずかしくなって、ソッポ向いて煙草に火付けて、
おれよか喜んでるわぁコイツ。とか思ったりして、

んでふと振り向いたら、まだ通知書持ってプルプルしてんの。

その時、やっと通知書から顔上げておれの方見てきたソイツの顔見た瞬間、

自分でもびっくりするぐらいブワってきてさ。
気付いたらおれの顔中鼻水やらなんやらでグショグショになってて、ソイツ唖然としてんだけど。

そこで実感したんだ。

おれの人生にコイツがいて本当に良かったって。

合格通知より大事なもん見つけた瞬間だったよ。

ベタな話だけどこれで終わり。
低脳なボンクラの話を聞いてくれてありがとね。

 

 

アットビューティーキャット@Beauty cat


人気ブログランキング
美容・ダイエット・コスメの通販サイト【@Beauty/アットビューティー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。