「電話はそいつからだった。」|泣ける話(長文)続き

「ビクビクして生きてるよりたまに失敗しても笑ってたほうが楽しいじゃねぇか」|泣ける話(長文)の続きです。

 

79:1 04/09 01:19 YZro7ffD0
俺は浪人して、卒業から1年後無事大学に入れた。そいつは専門に行って専門同期の中で主席で卒業してその業界ではトップクラスの所に就職して働いていた。
たまに飲みに行くといつも俺はそいつに出会った日の事を話し、ありがとうと言う。そいつはテレながら覚えてねぇなぁなんて言う。客観的に見ても俺たちは親友だった。

そいつには高校から付き合ってる彼女がいて同棲していた。彼女も某有名化粧品メーカーに入社して働いている。
そいつの家に遊びに行くと3人で昔話をして笑い転げて楽しい時間を過ごせた。
俺に一昨年彼女が出来た時なんて自分達の事のように喜んでくれてそいつの彼女はでっかいデコレーションケーキまで買って来てくれてそいつとそいつの彼女と俺の3人でパーティを開いてくれた。

 

81:1 04/09 01:24 YZro7ffD0


そんな高校から変わらない幸せな時間も先月の頭に俺の携帯にかかってきた電話で終わりの臭いを漂わせた。

電話はそいつからだった。

 

80:ピコ ◆2ch.net/cU 04/09 01:24 Pfzft5xqO
>>1
>>1の言葉は中学時代のおまいに言っているのか

 

82:1 04/09 01:25 YZro7ffD0
>>80
違うよ。このスレを開いた人全員だよ。俺の願いだよ。

 

85:1 04/09 01:30 YZro7ffD0

そいつの電話は何を言っているのか分からなかった。着信にそいつの名前が出てなければイタズラ電話だと思って切ってしまいそうなほどに。

そいつはとても取り乱していて泣いていた。そして時たま怒声も発していた。
バックから聞こえる音から推測するに恐らく交通量の激しい大通りらしい。そんな所で怒鳴ったり泣きじゃくったりするなんてただ事じゃないと思い俺は電話を切るとバイクにまたがりそいつが彼女と同棲している東京のアパートまで走った。

 

88:1 04/09 01:37 YZro7ffD0

アパートに着くとアパートの前に止めてあるそいつのバイクに一人またがり目を赤く腫れ上がらせてそいつは泣いていた。声をかけても反応しないのでそいつの部屋に行ってそいつの彼女に事情を聞こうと階段をあがり部屋の前に行くと開け放たれたドアから警視庁のロゴの入った上着を着た鑑識の人達が何やら作業をしている。何も考えられずドアの前に突っ立っていると俺に気付いた鑑識の人に近寄るなと怒られ階段を降りた。

そばの自動販売機で缶コーヒーを二本買いそいつの所に戻り声をかける。

反応は無い。

俺はそいつの横で缶コーヒーを飲みながらタバコを吸いながら「何があった?どうした?」と声をかけ続ける。
そいつは俺が渡した缶コーヒーを手で弄びながら小さな嗚咽を漏らしている。30分ほど声をかけ続けても反応は無い。

 

93:1 04/09 01:45 YZro7ffD0

そいつの手から缶コーヒーを奪いすっかり冷えた缶コーヒーをそいつの頭からかけてバイクごと蹴り倒し、そいつに馬乗りになって俺は怒鳴りつけた。
そいつは箍が外れたように泣き叫び俺は途方に暮れてしまった。

俺はお前に何度も助けられたんだ。たまには俺にもお前を助けさせろよって語りかけるとそいつは相変わらず声にならない声で何かを俺に伝えてきた。

ほとんど言ってる事は俺には理解できなかったが断片を整理すると、そいつの家に強盗が入ったらしい。その時はそいつは仕事で家に居なかった。そいつの彼女は家に居た。
強盗達はそいつの彼女をレイプしたらしい。それで今は病院にいるらしい。

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 04/09 01:47 Bg5hKF9g0
うわ・・そういう話だめ
(‘A`)

 

102:1 04/09 01:52 YZro7ffD0
病院の名前をなんとか聞き出し部屋で作業している警察の人にそいつの事をお願いして俺は病院に向かった。
だけど普段東京なんてバイクで走らないから結局病院に着いたのはそいつの家を出てから2時間後。本当なら40分位で着くはずなのに・・・。

とにかくそいつの彼女の怪我や精神的なダメージを確かなくちゃっていう義務感で病室の前に着いたはいいけれど、こんな時にかける言葉を俺は持ち合わせていない。
そもそも、こんな事の後だからいくら友達でも男と会うのは嫌なんじゃなかろうか?と思い俺の彼女に電話する。俺の彼女とそいつの彼女は俺とそいつを通して仲良くなっていたので、俺よりは彼女の方がそいつの彼女も安心できるだろうという俺なりの優しさだ。病院の廊下でレイプがどうのこうのなんていうわけに行かないから至急来てくれとだけ言って電話を切った。

 

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 04/09 01:52 c5hnh8iu0
強盗レイプ犯ってよほど運が悪くないと遭わないよな(‘A`)

112:1 04/09 02:01 YZro7ffD0
>>101
いや、後日談でおまわりさんに聞いたら被害届けが出ないから認知されないだけで件数は多いらしい。まぁ、アメリカなんかに比べればとても少ないんだろうけどね。

すると病室から俺の名前を呼ぶ声がする。どうやら俺もパニックになっていて声が大きくなっていてベッドで横になっていたそいつの彼女にも聞こえてしまっていたらしい。
出来るだけ恐怖心や警戒心を抱かせないようにゆっくりとした動きで病室に入る。

すると思っていたより元気そうで笑いながら俺に状況を話す。
まぁ、笑ってたのはそうでもしないと自我が崩れてしまいそうだったんだろう。
強盗は二人。レイプしたのも二人。話がレイプの所に来たとき俺はなんて言えばいいのか分からなくなって俯いているとそいつの彼女は「子供が出来たらどうするの!って言ったらゴムのありかを聞いてきて教えたら二人ともゴム付けてやってたから私は大丈夫よ!」
なんて無邪気に言っていた。

俺はその彼女の明るい声を聞いて声を上げて泣いてしまった。

 

113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 04/09 02:03 jfCDj1270
ヤバイ・・・マジで心が痛い

117:1 04/09 02:06 YZro7ffD0
そいつはまだ病院にも来てないらしいという事をそいつの彼女から聞いて俺は俺の彼女に電話してそいつも連れてくるように頼んだ。

しばらくして俺の彼女とそいつが到着した。そいつの彼女はそいつの顔を見ると泣き出してしまった。やはり今までは相当な無理をしていたのだろう。
そいつの彼女はそいつの腕に抱かれながら「ごめんね○○、ごめんね○○」って繰り返していた。
俺は俺の彼女を連れて病院を後にした

 

121:ゆー○ ◆Kokc/iiheg 04/09 02:07 Cm+f3FgE0
もう見てられない・・・でも見る

 

124:1 04/09(土) 02:10 YZro7ffD0
それからしばらく経ちそれぞれが何かしらの傷を心に負いながらもいつも通りの生活に戻っていった。
遊びに行っても犯人が捕まったかどうかも聞くに聞けず何かが心に引っ掛かったままだったが今までと変わらず会えば笑い話に花が咲いていた。
そして今週の初め俺の携帯にそいつの彼女から電話があった。泣いていた。

182 :1 :2005/04/09(土) 02:51:12 ID:YZro7ffD0
そいつの彼女はそいつを責めたそうだ。いつもならそいつが帰ってきてる時間だった。仕事は次の日に回しても支障のない細々した事。いつも通りに帰ってきてくれていれば何も変わらず今も過ごせていたのにって。
するとそいつは泣きながらそいつの彼女にごめん、ごめんって。

そいつの彼女もしばらくたったら冷静になってきてもういいよって。仕方ないもんねって笑いかけたけどそいつは黙ったままだった。そんなやり取りがあってご飯も作ってなかったからコンビニの弁当買いに行こうって誘ったけどそいつは黙ったままだった。仕方なくそいつの彼女は一人で近所のコンビニに行ったそうだ。

で、理不尽な事を言ったって私も悪い事を言ってしまった。そいつが黙ったままなのはちょっと機嫌が悪くなっているのかもしれない。仲直りの印に普段はお金の節約で買えないデザートにそいつの大好きなプリンを買っていこうって思った。

183:1 04/09 02:58 YZro7ffD0
そいつの彼女は普段食べれない大好物のプリンをそいつが見た時の少年のように喜ぶ笑顔が大好きで可愛くて愛しいくてたまらないそうだ。その顔を想像しながらアパートに帰るとそいつのバイクが無い。
それで異常を察して俺に電話してきたらしい。とりあえず俺はいつそいつが帰ってくるかも分からないから家に居るように指示して、残業を切り上げて会社からバイクでそいつの職場に向かった。

職場についても手がかりは無い。そいつの彼女に電話してもまだ帰ってないという。そいつの携帯にも電話はしたが始めの何回かはコールしたがその後は電源を切ったのか圏外通知ばかりが耳に響く。

186:1 04/09 03:05 YZro7ffD0
俺は仲間にも電話して地元を探すように頼んだ。しかし見つからない。夜中の2時を回った頃俺はその日は諦めて家で眠った。

次の日の朝、出勤途中に仲間から携帯に連絡が入る。そいつの母から仲間に連絡があったらしい。昨夜遅くに何も言わずにブラっと実家に帰ってきて親父さんと酒を飲みグデングデンに酔っ払って寝たのだが朝、母親が起きた時にはもう家から居なくなってたと。
俺は職場に電話して有給を貰い地元へバイクで引き返した。
一度仕事を休めた仲間で集まり経過を説明し自殺するかもしれないから探そうという事になった。そいつの彼女には電話で報告し、東京でそいつの立ち回りそうな場所を探すように頼んだ。

188:1 04/09 03:11 YZro7ffD0
だけど、その時点で俺達の中では一度実家に戻ってきてる事を考えて恐らく東京には戻らずに地元に居るだろうと予想を立てていた。
そいつの彼女をこっちに呼ばないのは間違っても第一発見者にしてはいけない。万が一の時に後追いするかもしれないと考えての事だった。

それから数時間後仲間の所に母親から連絡があり、机から手紙が見つかったと知らせが入った。
直ぐに警察に知らせるように言って俺達は一度集合した。

手紙の内容は、酔っている時に書きなぐったらしくグチャグチャの字で高校の時、俺達が入り浸っていた店や公園や、彼女と出合った場所、デートした場所などを箇条書きにしてそれぞれにこんな事があった、あんな事があったなんて思い出が書いてあるという事は分かっていた。

192:1 04/09 03:17 YZro7ffD0
それから、二人一組でそれぞれの場所を分担して手分けして探していた。俺は焦っていた。何度もそいつの携帯に電話するが圏外通知の無機質な女性の声ばかりが虚しく鼓膜を震わす。

今あいつは何を思い、いったい何を見てるのか。

俺のパートナーの携帯に電話がきた。別行動の奴からだ。パートナーは携帯に出たが何も言わない。俺は我慢できなくなりどうした?と聞くがパートナーも首を捻り不思議そうに一言「何も言わない」
俺が電話を代わると確かに何も言わない。

いや、微かに嗚咽が聞こえる。

196:1 04/09 03:27 YZro7ffD0
このままでは埒が明かないので電話してきた奴らの受け持ちの部分を順番に回る。
電話の向こうで車の音が聞こえなかったので放課後好きな女の事を話し合った神社や、昼休みに学校抜け出してタバコ吸いに行った果樹園や最後の大会で負けた時に皆で泣いた車のスクラップ場なんかを回った。どこも大切な思い出の場所だ。

そしてついに見つけた。

そこは学校からすぐそばの森だった。夏はキャンプ場として使われる所で、キャンプファイヤーをする所もある。寒い冬はそこで焚き火をして焼き芋なんかを作って澄んだ夜空を眺めながら焦げた芋を食った。暑い夏は森の木の陰に入ると少し涼しくてキャンプ場の水道で水浴びをした。

そして、俺が中学の時のいじめグループにボコボコにされた次の日にアイス食いながらそいつが屈託のない笑顔で「金取り返そうぜ」って俺に言ってくれた公園の隣だった。

199:1 04/09 03:33 YZro7ffD0
とにかくこの公園に併設されたキャンプ場の森は俺達が一番来ていた遊び場というか溜まり場だった。色んな思い出がある。そこでは深刻な話も沢山したけど俺にはやっぱり馬鹿な話で皆で笑ってた記憶が一番だ。

だけどそこで俺が目にしたのは先に到着していた二人の頭の間から見えるキャンプ場の炊事場の屋根から心細くなるくらい細い紐でぶら下がった俺を救ってくれた人、変えてくれた人、生きるって事を餓鬼なりかもしれないけど意味を教えてくれたかけがえのない友だった。

200:1 04/09 03:37 YZro7ffD0
不思議と始めは涙は出てこなかった。
これからは一人だから頑張らないとなっていう思いだけだった。
そいつの彼女にはなんて言おう?俺は何を思おう?なんでこいつこんなとこでブラブラしてるんだ?

俺はその場に崩れ落ちた。

201:1 04/09 03:40 YZro7ffD0
その後は警察呼んだり親に連絡したりしたけど良く覚えていない。
でも、少しでも早く降ろしてあげたいのに電話で警察に降ろさないでそのままにしておいてくれって言われた時にカッとなって暴言を吐いたのは覚えている。

 

 

202:1 04/09 03:41 YZro7ffD0
俺の話は以上です。
良かったらなんでもいいです。思ったことを書いてあげてください。

 

 

 


アットビューティーキャット@Beauty cat

 

 


人気ブログランキング
美容・ダイエット・コスメの通販サイト【@Beauty/アットビューティー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。