「赤い派手な服来て順番抜かしてるあなたですよー」|気分がスッキリするいい話

56 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 12:15:39.57 ID:fQup1ZDi

 

自分の武勇伝じゃないが見た話。

銀行のATMで行列に混じって並んでいた時、その時は20人ぐらい並んでいた。
ATMは8台ぐらいあったので比較的テンポよくすすんでいった。
すると自動ドアから入ってきたみるからにずうずうしそうなおばさんが
行列をスルーしてATMで操作している人の後ろにピタっと並ぶ。
一同ポカーン。

行員は他のATMで作業してた人の対応で画面にくぎづけで
見えていない。そして全員違和感を感じているはずなのに誰も文句言わない。

これは私が言うしかないと勇気メーターを上げていると、後ろのカップルの男が
「オバチャーン!後ろ並んでやあ!文字読まれへんのかー?」
と大きな声で言った。

ナイス!と思っているとそのおばちゃんガン無視。

すると男が「あれ?聞こえへんのかな?赤い派手な服来て順番抜かしてるあなたですよー」
って。するとそのおばちゃんが振り返り鬼の形相で睨みつけてまた前を向く。

こいつ逆切れパワーで押し通す気か、とおもったら男が列から出てスタスタそのおばちゃんの
横まで歩き出した。

まさか殴るんじゃなかろーかとドキドキしていると
急に中国語で話しかけた。怒った感じでおばちゃんに中国語でまくしたてる。

するとおばちゃんが「はあ?何言うてんのあんた!ここは日本やで!」と切れる。
男は「あ、すいません日本語わからんのかなと思いまして。顔も態度もあっち方面の方っぽいんで
てっきりそうかとっw日本語わかるなら並びましょうよ。これ読めるでしょ?」
と、こちらからお並びくださいの看板を指さす。

このあたりで行員が間に入ってきて「どうされました?」ときいたが
おばさんは顔真っ赤にしたおばさんは怒って出て行った。

私はそっと拍手したら他の人も男人か小さな拍手をしていた。

男が列に戻り、その男の彼女が「あれ中国語でなんて言うてたん?」と聞くと
「知らん。中川家礼二のマネしただけやw」ってw

 

 


アットビューティーキャット@Beauty cat

 

 


人気ブログランキング
美容・ダイエット・コスメの通販サイト【@Beauty/アットビューティー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。